ホーム > 長野県農協直販について > 事業紹介 > 食肉カット事業

事業紹介

食肉カット事業

株式会社長野県食肉公社(と畜・解体)に併設している当社食肉工場では、株式会社長野県食肉公社より搬入された牛および豚のカット処理(脱骨・解体・パーツ処理)を行っております。
食肉カット工場では、肉を熟知した職人たちが「豚部分肉取引規格」「牛部分肉取引規格」に基づき丁寧に骨を抜き取り、的確に手早くパーツごとにカット・整形しています。
解体後の牛枝肉には、個体識別番号が付けられ生産から流通・小売に至るまでを管理しています。カットしたパーツには重量とともに個体識別番号が記載されたラベルを貼付し管理しています。確立した牛トレーサビリティーシステムで消費者の皆さまに安心して牛肉を食べてもらえるよう取組んでいます。詳しい牛トレサビリティ―システムについては安心・安全の取り組みのページをご確認ください。
カットされた牛・豚のパーツ肉は、主にスーパーや外食店、当社食肉パック工場・加工品工場へ自社流通網を使って鮮度を保ち出荷されます。

安心・安全の取り組み
このページの先頭へ