ホーム > 長野県農協直販について > 沿革

沿革

1979年
(昭和54年)
8月長野県経済連第31回通常総会において、「農協直販事業構想」が提案され会社設立を可決承認それを受け「長野県農協直販株式会社」を設立(資本金2億円)
11月上田・諏訪・飯田・松本・長野に営業所を開設、食肉事業を開始
1980年
(昭和55年)
1月農協牛乳を主体に牛乳事業を開始
4月(株)松本GPセンターの事業を譲受し、鶏卵事業を開始
9月「諏訪営業所」を新築、食肉加工処理事業を開始
1981年
(昭和56年)
5月大北農協食肉センターの事業を譲受、「大北出張所」開設
11月北信5農協のGPセンターを統合し、「長野鶏卵センター」本稼働開始
1982年
(昭和57年)
4月信州食肉(株)を統合合併( 資本金2億3,500万円)
1983年
(昭和58年)
2月三協乳業(株)「信州農協牛乳」が移管され、「農協牛乳」( 赤パック) に一本化
1984年
(昭和59年)
5月中野市農協牛乳工場・(株)アップル牛乳が移管され「中野牛乳工場」開設
1986年
(昭和61年)
4月伊南農協鶏卵センターが移管され「駒ヶ根鶏卵流通センター」開設
浅科農協鶏卵センターが移管され「浅科鶏卵流通センター」開設
1987年
(昭和62年)
4月食肉処理工場を新設、「松本食肉基幹工場」として稼働開始
1989年
(平成元年)
10月長野県くみあい飼料(株)と合併( 資本金2億1,940万円)
(※この合併で被合併会社となったため、法的な設立年月日は長野県くみあい飼料株式会社の昭和38年7月となった)
1990年
(平成2年)
4月(株)長野県種畜生産公社と合併、種畜生産事業を開始(資本金2億2,940万円)
5月本社社屋を長野市市場へ移転
1991年
(平成3年)
11月松本鶏卵流通センター拡張、洗卵機導入製造開始
1992年
(平成4年)
4月中川村に全国初の「SPF種豚センター」竣工
11月大北営業所にパック肉製造施設が本稼働開始
1993年
(平成5年)
3月中野牛乳工場で「ヨーグルト製造」を開始
4月初の「SPF種豚」を県内外へ出荷開始
1995年
(平成7年)
5月食肉流通加工施設「南信畜産物流通センター」竣工
1997年
(平成9年)
4月肉牛生産事業を開始
1998年
(平成10年)
12月物流子会社「ながのデリバリー株式会社」設立
「長野食材ピッキングセンター」竣工
1999年
(平成11年)
9月「中野牛乳工場」閉鎖、信州ミルクランド(株)へ製造委託開始
2000年
(平成12年)
3月県下鶏卵センターを統合し「アルプスたまご工房」竣工
全自動画像検卵システムを導入した鶏卵選別包装施設、たまご焼きや液卵などの加工施設稼働
中野市に「中野食材ピッキングセンター」竣工
10月「松本食材ピッキングセンター」開設
2001年
(平成13年)
9月佐久市に「東信ピッキングセンター」竣工
2002年
(平成14年)
1月南箕輪村に「南信ピッキングセンター」竣工
4月(株)天竜畜産公社を合併( 資本金230,065,500円)
2003年
(平成15年)
4月肉牛のカット業務を松本食肉工場へ集約
2004年
(平成16年)
9月「I SO9001/2000」認証取得
2005年
(平成17年)
4月ながのデリバリー(株)の営業を譲受、チルド物流業務開始
2008年
(平成20年)
10月「飼料用米給与豚」の取り組みを開始
2009年
(平成21年)
12月第62回長野県共進会で出展牛(和牛)が「農林水産大臣賞」受賞
2011年
(平成23年)
2月県下ピッキングセンターを松本に統合、広域宅配センターを稼働
3月アルプスたまご工房 洗卵選別包装ライン更新(GPライン)
2012年
(平成24年)
12月アルプスたまご工房 厚焼半自動焼成機更新
2014年
(平成26年)
7月「信州オレイン豚」の発売を開始
このページの先頭へ