ホーム > 農協直販ブランド > 信州SPF豚

信州SPF豚

~豚は健康に育つと美味しくなる~

「信州SPF豚」は、全農グループが独自に育種開発したハイコープSPF種豚より生産された、発育や肉質に悪影響を与える病原菌を持たない健康で高品質の豚肉です。育成段階で薬剤の使用を減らし、信州の豊かな自然に囲まれて健康に育てられた安心・安全でおいしい豚肉です。
徹底した衛生管理の中で育てられるSPF豚。信州の恵まれた自然・気候・おいしい水と生産者の愛情が更においしい豚肉に仕上げています。

こだわりの信州豚!信州SPF豚の特徴

1.獣臭がない豚肉です。健康にすくすく育った豚肉なので獣臭がほとんどありません。 2.適度な脂が入ってジューシーで柔らか。SPF豚肉の筋繊維間に含まれる筋肉内脂肪量は多く、筋繊維自体も細い傾向にあるため、肉のキメが細かく加熱しても柔らかです。冷めても固くならず、おいしく食べられます。 3.脂肪は白くあっさりしています。

SPFとは

『SPF』とは、Specific Pathogen Freeの略で、『あらかじめ指定された病原体をもっていない』という意味です。「日本SPF豚協会」が規制対象としている病気は、(1)萎縮性鼻炎 (2)豚赤痢 (3)オーエスキー病 (4)トキソプラズマ感染症 (5)マイコプラズマ肺炎 の5つです。
(4)トキソプラズマ感染症を除いては人体に影響のあるものではありませんが、養豚の生産には大きな影響を与えます。ほとんどの疾病は感染すると抗菌剤などによる治療をしても完治しません。病気から豚を守るためには病気の侵入を防ぐほかありません。それには高度の衛生管理技術が必要となります。上記5つの病気にかからなければ、それに伴って他の病気が発生することもほとんどなくなります。病気が発生しなければ抗菌性薬剤の使用は減り、薬剤残留の心配もなくなります。

SPF豚だからおいしい

SPF豚

一般的な豚

一般の豚には、発育停滞や死亡事故を減らすために抗生物質が頻繁に使われています。抗生物質の使用や飼育環境によって豚の腸内細菌叢は影響を受けて、悪臭を発生する悪玉菌が増え善玉菌が減ってしまいます。腸内で発生した悪臭物質は腸から吸収され肉に蓄積されます。 SPF豚は徹底した衛生管理のもと清潔な環境で飼育され、抗生物質もほとんど使用する必要がないので、善玉菌が多い傾向にあり厭な臭みがないのではないかと考えられています。また、同一品種の一般の豚と比べて、SPF豚は筋肉内脂肪量が多いことがわかっています。筋繊維自体も細い傾向にあり、肉のキメも細かいといえます。健康に発育するSPF豚は、筋肉の細胞膜がしっかりしていて、細胞内にしっかり水分が保持されるため、肉汁をたっぷり含んだ柔らかくジューシーなお肉となり、冷めても固くならないのではないかと言われています。

生い立ち

信州SPF豚は、長い年月をかけた品種改良により、おいしさと生産性の高さを実現している豚です。
JA全農は、病気を排除し安心・安全でおいしい豚肉を消費者の皆さまへ届けるため平成3年にSPF事業に参入し、生産・普及を始めました。全農ハイコープSPF豚の事業体系の中で、JAグループが関わるかたちで生産される『信州SPF豚』は平成6年より消費者の皆様へお届けできるようになりました。

信州SPF豚は、デンマーク原産の「ランドレース」とイギリス原産の「大ヨークシャー」を育種改良して、その交配から産まれた「F1(雑種第一世代)♀」と「デュロック♂」の交配によって誕生します。
原種豚の育種改良は全農種豚開発センターで行われています。ここでは基となる「ランドレース」「大ヨークシャー」「デュロック」の子豚が母親に検疫と検査で疾病がないことが確認された後、無菌状態の中で帝王切開によって取り出され東日本原種豚場で育てられます。そこで育てられた「ランドレース」と「大ヨークシャー」が当社『長野県SPF種豚センター』へ供給されます。

長野県SPF種豚センターでは、「ランドレース」と「大ヨークシャー」の交配が行われ、SPF豚を産む母豚「F1」の生産を行っています。生産した「F1」は県下7農場へ年間900頭が供給され、「F1」に「デュロック」を交配し『信州SPF豚』が年間50,000頭誕生します。誕生した『信州SPF豚』は、衛生管理の行き届いた施設ですくすくと育てられます。

長野県SPF種豚センター紹介

    nakamura01.jpg nakamura02.jpg

              長野県SPF種豚センター診療所長 中村 獣医


<長野県SPF種豚センターには専任の獣医がいます>

中村獣医は、長野県を始め全国各地の「SPF豚農場」へ、なによりも健康で元気な仔豚をお届けできるよう豚の健康状態をチェックしたり、飼育のアドバイスを行っています。


<獣医としての仕事>

SPF種豚センターは防疫管理が整っている農場ではありますが、豚にストレスがかかると病気にかかりやすくなります。豚が本来持つ抗病性を最大限に発揮させるため、ストレスをなるべく少なくする指導や病気を未然防止する取組みをしています。


<豚の健康状態を見極めるポイント>

・せき、くしゃみなどしていないか...呼吸器系疾病
・下痢などをしていないか...消化器系疾病
・体系に変化はないか...鼻の形、爪、足の形状などのストレス系

以上のポイントを掴みつつ、健康な仔豚が出荷されるようサポートしています。




    sawamura01.jpg sawamura02.jpg

              長野県SPF種豚センター  澤村 センター長


<SPF種豚センターを維持するために>

当社では、豚にとって快適な飼育環境を整えるよう、環境対策、疾病対策に心掛けています。例えば、農場への入場は、その都度"入浴・シャワー"を行い外部から汚れや病原菌を持ちこまないよう正に身を清めて農場へ入ります。
入浴の手順も決められたルールで行いますし、農場から出る時も入浴します。
農場で着用する作業衣(ツナギ)も毎日洗濯して殺菌された清潔なものを使用しています。
農場内への持ち込み品も、UV殺菌しないと中へ入れることができません。
お弁当もですよ。

            

信州SPF豚を育てる人

信州SPF豚 生産者飯田市 こがねや農場
矢沢さん

みなみ信州の恵まれた環境の中で信州SPF豚を年間約3000頭出荷しています。徹底した管理のもと、エサに整腸剤を添加して1頭1頭健康な豚に育てています。

飼育の秘密

SPF豚は衛生管理を徹底した特別な施設で育てられるため、誰もが生産できるわけではありません。
日本SPF豚協会で定められた基準に従って防疫と飼養管理を行ない、毎年行われる厳しい認定検査を受けて合格した特定農場だけがSPF豚を生産・出荷することができます。
【2013年12月現在、全国のSPF認定農場183農場、内長野県内9農場】

徹底した衛生管理

外部との遮断農場はフェンス等で外部から遮断し、部外者の立ち入りや場外車両の乗り入れを禁止しています。
清浄な豚の導入定められた種豚生産農場からのみ清浄な豚を導入しています。
清潔を保つための洗浄施設飼養管理者はシャワーで体を洗ってから、専用衣服を着用し作業を行っています。
他の農場、工場との遮断農場内に持ち込む物品はすべて消毒を行っています。
飼養管理者の行動制限飼養管理者は他の農場や、と畜場・食肉工場への出入りを制限されます。
協会の認定審査豚の定期的健康診断結果と生産成績・薬剤使用量などをSPF豚協会へ報告し、毎年協会の認定審査を受けています。

SPF豚には肉の品質を高める穀類が多い配合飼料を給与しています。子豚育成から肥育段階(体重30kg~出荷)までの飼料には一切の抗菌性飼料添加物の配合はありません。

おいしい信州SPF豚に出会えるお店

【信州SPF豚 推薦状】~信州SPF豚が食べられる「とんかつふじ」店主 藤井雅晴さん~
"安全で安心そしてとても美味しい「信州SPF豚」に出会いました"
  tonkatufuji01.jpg tonkatufuji02.jpg

東京都出身の私が長野県でとんかつのお店を出すことを決めたのは、長野県には美味しい食材との出会いがあるはずだと思ったからです。「信州SPF豚」も自分の足で養豚場を回る中で出会いました。長野県の豚肉で安全で安心そしてとても美味しいことが取扱の決め手になりました。
当店では、「信州SPF豚」の素材そのままを味わっていただきたいと思っており、一口目は何もつけずに食べてもらう事をオススメしています。塩で食べることも豚肉本来の味を引き立たせてくれます。

  tonkatufuji03.jpg tonkatufuji04.jpg

        <信州SPF豚ヒレかつ膳>             <信州SPF豚ロースかつ膳>  

tonkatufuji05.jpg

とんかつ専門店 とんかつふじ

店主との出会いや縁で繋がった食材が美味しく食べられます。キャベツは小川村産、お味噌は須坂市から、お米は飯山市産。カウンター越しに調理してくれるので、とんかつを揚げる音が食欲をかきたてます。

長野市鶴賀緑町1716-5
TEL 026-227-9118
営業時間 11:30~13:45(ラストオーダー)
     17:30~20:15(ラストオーダー)
定休日  木曜日
この商品をショッピングサイトで見る
このページの先頭へ