Welfare 福利厚生

健康診断、人間ドック受診費用の補助

年に1回「ヘルススクリーニング」または「人間ドック」の受診を義務付けています。35歳以上の社員は希望により「人間ドック」を受診することができます。50歳までは5歳刻みで「人間ドック」の受診を原則としています。それ以外の36~49歳で「人間ドック」の受診希望者は日帰りの場合10,000円の負担で受診できます。51歳からは毎年「日帰り人間ドック」の受診を原則としており、5,000円の負担で受診できます。また、毎年ストレスチェック調査を実施しメンタルヘルスケアも行っています。

懇親会補助

社内の親睦を目的として年額10,000円の補助を支給しています。この制度を使って、暑気払いや忘新年会などが実施されています。

お誕生日

お誕生日月には、会社よりお祝い品として当社製品の詰合せを贈っています。

業務外の傷病補償

業務外の傷病で休職を余儀なくされた場合は、傷病発生日から60日間は給与を補償します。

Work Style ワークスタイル

特別有給休暇

  • 忌引:父母は5日、配偶者・子は6日、祖父母・兄弟・姉妹・1親等姻族の場合は3日の休暇が取得できます。
  • 結婚:本人が結婚する際に6日、子供の結婚では3日の休暇が取得できます。
  • 出産:配偶者が出産する際に3日の休暇が取得できます。
  • 永年勤続:15年勤続表彰者は2日、30年勤続表彰者は3日の休暇が取得できます。 ほか

妊娠・出産・育児への支援・休暇

産前産後休暇・育児休暇は最大で子供が満2歳になるまで取得できます。勤務時間内に妊婦検診・産婦検診を受けることができ、妊娠中は通勤ラッシュを避けるために勤務時間帯をずらしたり、時短勤務も可能です。育休後は、子供が満3歳になるまでは時短勤務を取得できます。また、就学前の子供1人につき年5日、年次有給休暇とは別に看護休暇を取得できます。

介護への支援・休暇

要介護状態にある家族の介護のために93日間の休暇が取得できます。また、3年の間に2回までの範囲内で、午前9時から午後4時までの時短勤務期間の取得が可能です。

時差出勤制度

業務の効率的な遂行等をはかるため時差出勤制度を導入しています。

Allowance 手当

  • 通勤・高速道路利用手当
  • 住宅手当
  • 家族手当
  • 役職手当
  • 超過勤務手当
  • 結婚祝い金
  • 出産祝い金 ほか

Training 人材育成・研修

社員一人一人が成長するため、新入社員から管理職までスキルに応じた研修を行っています。

  • JA基礎研修コース
  • 新入社員フォローアップ研修
  • 施設視察研修
  • 安全衛生教育講習
  • 経理実務研修
  • メンタルヘルス セルフケア研修
  • ビジネスコーチング研修
  • 法令関係研修
  • 債権管理関係研修
  • 自己啓発研修 ほか