企画した商品が棚に並ぶ

お客様の要望を受けて
商品開発をし、
お届けする喜び

山本 宏平

食品部 食品開発課 主任調査役 / 2017年入社

<入社の動機と今までを振り返って>

お客様の声から始まる商品の開発。

生まれは長野なんですが、ずっと東京で食品関係の仕事をしていました。2年前に入社し、食品開発課に配属されました。
食品開発課は量販店などに向けた営業的な業務とともに、商品開発もしています。
少し大きな会社だと商品開発と販売は別の部門で担当するのが普通ですが、ここではその両方を一つの部門で一貫して行っています。その分お客様のニーズを正確に早く商品化に結び付けることができるんです。私もすでにいくつかの商品の開発をさせていただきました。
うちは何を売ってもよくて、例えばまだ世の中にないようなヨーグルトを作りたいと思えばチャレンジできます。担当しているお客様の声を聞き、それをヒントに先ず商品企画をするんです。そして製造部門といっしょに商品化に向けて検討を重ね、いけるとなれば実際に製造され販売に入ります。お客様の声をカタチにしてお届けするサイクルですね。とてもやりがいがあります。自分の思うままにこれまでなかった商品が作れるわけだし、お客様にも喜んでもらえて成果が目に見えるわけですから。もっとも全てが必ず売れるとは限らない難しさはありますよ。

<仕事の内容とやりがい>

長野県産の食材や「農協」ブランドへの、
消費者の信頼があついことにも気がつきました。

新規のお客様を開拓し納品にこぎつけた時もうれしかったです。今私は主に長野県外のエリアを担当していて大阪から仙台くらいの広いエリアで動いています。商品は主に乳製品で、お客様の数はだいたい30社くらいでしょうか。出張は多いですね。
長野県の乳製品は品質が高い割に価格が安くて自信をもって販売できます。もっと長野県産の商品をアピールしていきたいですね。販売の現場で感じるのは、社名に「農協」が入っていることで、お客様の信頼感が大きく違うんだということです。品質に間違いがないと、好感をもっていただけているんです。
商品には胸を張れるし、単に売るだけではなく商品開発から任せてもらえるので充実した2年間でした。社歴から見るとまだ新人ですが、この会社には各分野に詳しい先輩がいて、みんな快くアドバイスくださるので働きやすいですね。
休みはしっかり取れてはいます。私の場合お客様相手ですし、毎日お届けする商品なので休みを取るタイミングは少し難しいところもありますが。休日はどちらかと言うとアウトドア志向で過ごしています。オンとオフのメリハリをつけながらこれからも頑張っていこうと思います。

先輩社員の声トップに戻る