事業紹介

食品事業

信州産生乳を主な原料とする牛乳・乳製品を取り扱う「牛乳・乳製品事業」、信州の恵まれた⾵⼟・気候によって育まれた農産品や特産品などを取り扱う「一般食品事業」、お客様のご要望に応じたロジスティクスサービスを提供する「低温物流事業」の3つの機能を併せ持つ総合食品メーカーとして事業を展開しています。

牛乳・乳製品事業

1980年(昭和55年)から「農協牛乳」を主体に開始した牛乳・乳製品事業は、1984年(昭和59年)にJA中野市から引継いだ中野牛乳工場で生協牛乳、学校給食牛乳等の製造販売も開始しました。1999年(平成11年)、更に牛乳工場の近代化を目指した国の乳業再編事業により県下の3牛乳工場を統合し、新牛乳工場「信州ミルクランド株式会社」への体制移行をおこないました。現在は隣接する当社あづみ野低温流通センターで農協牛乳をはじめとする牛乳・乳製品や洋日配・和日配商品を取り扱うとともに、雪印メグミルク株式会社の県内代理店機能を担っています。
また、県内外の牛乳・乳製品メーカーへの製造委託品の取り扱いやプライベートブランド品の企画・開発・受託製造販売など、お客様のご要望に幅広くお応えします。

牛乳・乳製品事業のイメージ写真

一般食品事業

信州の恵まれた⾵⼟・気候によって育まれた農産品や特産品など、信州にこだわった商品を取り扱っています。また、これら商品の長野県内メーカーとお客様の懸け橋となり、プライベートブランド品の企画・開発・受託製造販売など、お客様のご要望に幅広くお応えします。

一般食品事業のイメージ写真

低温物流事業

低温物流事業では、あづみ野低温流通センター(松本市)を主幹拠点として、流通BMS、webEDIといった各種通信手段による受発注対応、受発注データと連動したマテハンシステムによる入出荷対応、長野県内をはじめ関東・関西・中京・北陸に広がる低温流通網を駆使した物流対応によりお客様の要望に応じたロジスティクスサービスを提供します。

また、あづみ野低温流通センター併設の広域宅配センターでは、JA全農長野県本部より宅配ピッキング業務とその関連業務を受託し、JAまごころ宅配会員向けの食材や毎日の暮らしに必要な食品・調味料・菓子・日用品・冷凍食品をピッキング(セット)し、長野県下JAへお届けしています。

低温物流事業のイメージ写真1 低温物流事業のイメージ写真2

事業紹介